インドネシアの植林の日に、マングローブを植林(ヘキシンド社)

ESG

11 月28 日、ヘキシンド社は、インドネシアの将来に向けた環境問題への貢献の一環として、「私たちの国を守ろう」と名付けたCSR プログラムを実施しました。この日は、ヘキシンド社が設立してちょうど29 周年に当たり、またインドネシアの植林の日です。

ジャカルタでは、北ジャカルタのチリンシンにあるマルンダ海岸で、約40 名の従業員が参加してマングローブの植林を行いました。またバリクパパンでも同日、バリクパパンのマングローブセンターで、約30 名の従業員が参加して植林を行いました。

ヘキシンド社は、これからもこの活動を続けていきます。環境問題に直接関わるこのような機会は、私たちが環境問題や国への貢献につながる、難しくなく効果的なCSR プログラムのアイデアを考えることにつながっています。

 

ジャカルタの参加メンバー

 

バリクパパンの参加メンバー

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。