「クリスマス・ヴィレッジ」に子どもたちを招待(日立建機アジア・パシフィック)

ESG

シンガポールの日立製作所の子会社である日立アジア社は、毎年クリスマスの時期に、シンガポールのオーチャード・ロード沿いを美しい照明で飾るメインスポンサーになっています。

12月8日、日立アジア社は、オーチャード・ロード・ビジネス協会(ORBA)と共同募金との協働イベントとして、選ばれた家庭の子供たちを対象にした、クリスマス気分を盛り上げるサンタの催しを、ニー・アン・シティ(シンガポールのショッピングモール)で行いました。

日立アジア社は「クリスマス・ヴィレッジ」での楽しい1日に、恵まれない子どもたちを招待しました。子どもたちは、無料のランチやメリーゴーランドの遊具、日立のサンタハウスでの写真撮影や、日立ブランドの絵や工作で、楽しい時間を過ごしました。また、子どもたちにはお菓子の入ったバッグをプレゼントしました。

日立の子会社から参加したボランティアは、子どもたちが楽しんでいる間の案内や世話をしました。日立建機アジア・パシフィックからのボランティアも、子どもたちの面倒を見ました。曲芸やマジックショーもあり、子供たちの笑顔からは、とても楽しんでいる様子が伺えました。

事前説明を受けるボランティア

オープニングスピーチ

笑顔の子どもたち

親御さんと子どもたちへの説明

曲芸とマジックショー

バルーンアートに注目

会場の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。