中国の砂漠緑化活動が「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」連携事業に認定

2018年3月、日立建機(上海)と日立建機(中国)の「森林復元と地域活性の両立をめざした砂漠緑化活動~バケツリレーで未来へつなげる~」が、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が推奨する連携事業として認定されました。

UNDB-Jは、COP10で採択された生物多様性保全のための世界目標「愛知目標」の達成に向けて、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進するために、連携事業を認定しています。

認定を受けたプロジェクトは日立建機グループの活動として登録し、「多様な主体の連携」、「取組の重要性」、「取組の広報の効果」の観点で評価を受けました。また、この活動は「第6回いきものにぎわい企業活動コンテスト」にて「審査委員特別賞」を受賞(2017年12月発表)しています。

UNDB-Jロゴマーク

 

「国連生物多様性の10年日本委員会」のHP

「第6回いきものにぎわい企業活動コンテスト」で「審査委員特別賞」を受賞

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。