従業員の家族を対象に、工場開放日を開催(日立建機(中国))

5月20日、日立建機(中国)で工場開放日を開催しました。この催しは2014年から毎年行っていて、今年で5回目となります。従業員の家族を工場に招き、日頃なじみの無い建設機械やモノづくりの現場に触れることで、日立建機の仕事や企業文化を知ってもらうことを目的にしています。

当日は、日立建機(中国)の85家族をはじめ、日立建機(上海)やサプライヤーからのご家族も含めて総勢約300名と、これまでで最も多い来場がありました。工場見学や油圧ショベルの実演、ミニショベルの体験試乗、企業文化や環境保全の取り組みを紹介したパネルや、社員の仕事の様子を撮影した写真の展示など、さまざまなイベントを通して、楽しい時間を過ごしてもらいました。

またこの機会を利用して、合肥市青少年基金会の大学生の代表者も招待しました。日立建機の活動に触れていただくことを通して、お互いの交流を深めました。

日立建機(中国)は、今後もこの工場開放日の催しを続けていきます。

ミニショベルの運転体験


合肥市青少年基金会の大学生たちと

参加したご家族、子どもたちと一緒に記念撮影

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。