株式会社新潟マテリアルの株式譲渡に関するお知らせ

2018年9月3日

日立建機株式会社 (執行役社長:平野 耕太郎)は、連結子会社である株式会社新潟マテリアル(以下、新潟マテリアル)の発行済み株式の100%を譲渡(以下、本件譲渡)することを7月25日に決定し、譲渡先との間で株式譲渡契約を締結し、本日完了しました。

本件譲渡完了により、新潟マテリアルは当社の連結対象から外れることとなります。

1.本件譲渡(子会社の異動)の理由

日立建機グループでは、お客さまの身近で頼りになるパートナーとして、社会の課題を解決するソリューション「Reliable solutions」の実現に取り組んでいます。世界中のお客さまに、ICT、IoT技術を活用したさまざまなサービスを提供し、お客さまの求める、より高い安全性と生産性の向上に貢献していきます。

このため、当社は経営資源を油圧ショベルとホイールローダおよびマイニング向けの超大型油圧ショベル、ダンプトラックの開発・生産に資源を集中しております。1986年の子会社化以降、新潟マテリアルでは主に鍛造部品の生産を担当してきましたが、近年鍛造部品のコモディティー化が進み、当社としては事業ポートフォリオを見直し、経営資源をさらにコアな事業に振り向けることとしたためです。

2.新潟マテリアルの概要

  •  会 社 名  : 株式会社新潟マテリアル
  •  設立年月 : 1957年8月29日
  •  事業概要 : 自動車、建設機械、産業機械の各種鍛造加工品の製造・販売
  •  資 本 金  : 1億円
  •  株主構成 : 日立建機株式会社 100%
  •  従業員数 : 51名(2018年3月末現在)

3.譲渡先の概要

譲渡の相手先は、相手先の意向により非開示とさせていただきます。なお、相手先と当社の間には取引関係、資本関係、人的関係はありません。

以上

 

トピックス記載の内容は、発表日現在の情報であり、その後予告なしに変更される場合もありますので、ご了承ください。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。