環境教育と健康増進の取り組み IN 琵琶湖博物館(日立建機ティエラ)

ESG

6月23日、日立建機ティエラは、「第3回健康増進の取り組み」と題し、親子で参加する県立琵琶湖博物館の見学会を開催しました。

日立建機ティエラは、2018年1月より琵琶湖博物館の水槽サポーターの会員となっています。水槽は滋賀県の中流域を再現したもので、この流域は日立建機ティエラ滋賀工場近くを流れる河川にあたり、オイカワ、カワムツ、アユなどがすんでいます。支流の清流では、天然記念物のサンショウウオが確認されることもあります。

当日は、中村和則社長をはじめ、従業員の子どもたち20名を含む47名が参加しました。広い館内をゆっくりと見学しながら、琵琶湖の歴史と生きものについて学び、健康ウォーキングにもなりました。

隣接する草津市立水生植物公園みずの森まで足を運ぶと、晴れた日には、初夏の湖岸の水鳥たちと出会うこともできます。このイベントは、琵琶湖博物館を活用した社外の環境教育の場、健康増進の場として、毎年の恒例行事となっています。

日立建機ティエラのサポート水槽の前で

 

滋賀県の地図の部屋。自宅が見つかるかな?

 

琵琶湖は世界に30しかない古代湖の一つ

 

保健指導員によるウォーキング説明

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。