乳幼児への健康支援(日立建機インドネシア)

ESG

参加した従業員で記念撮影

日立建機インドネシアは、健康への関心の高まりに応え、地域社会とのより緊密な関係を図ることを目的に、ポシアンドゥ(乳幼児と母親のための保健サービス所)での支援活動を2012年から行っています。

この活動は、新生児の体重測定、乳幼児と母親へのモニタリング、予防接種の提供を含みます。また月に一度、補助食品や牛乳の提供も行っています。11月には、肺結核のカウンセリング活動も実施しました。地域保健センターから派遣された助産師は、子どもへの感染を防ぐ方法や治療法、そして清潔で健康的なライフスタイルを保つ方法について説明しました。

11月と12月に行った活動では、合計で208人の乳幼児と母親が参加しました。この活動を通じて、乳幼児や出生時の死亡率を減らすことに貢献できます。

日立建機インドネシアは、近隣の住民を支援し、社会に貢献するために、この活動を継続していきます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。