ブドウ農家の荒れた土地を豊かな農地へ(タタ日立社)

ESG

タタ日立社(THCM)では、「コミュニティと社会の発展への貢献」という大きな目標を掲げて活動を推進しています。
プロジェクトの一つとして、自社製品を通じた、インド・マハーラーシュトラ州・ナシク地区のブドウ栽培農家の社会経済問題への解決に取り組みました。

2018年、この土地の改良を担当した土木工事業のお客様にTHCM製の新型油圧ショベルZX140Hをお買い上げいただいたことから、土地の開墾が始まりました。2019年9月には、ブドウ農家の岩の多い荒れた土地が、見違えるほど肥沃な農地に変わりました。
このショベルはもともと、この農家の要望であった「頑丈で燃費が良く信頼性の高い機械」を追求し、設計・開発されたものです。 製品納入後も、THCMのエンジニアたちは、お客様の現場で機械のパフォーマンスの追跡調査を行い、さらなる改善を行いました。

この土地の開墾によって、農家の収入増加が見込まれています。また、土地の開墾プロジェクトだけでなく、その後のブドウ畑づくりにおいても、多くの雇用が継続的に生み出されています。

このようにして、お客様のニーズに応えながら、地域コミュニティの発展に貢献することもできました。

開墾前の荒れた土地

 

開墾して1年後、豊かな農地に生まれ変わりました

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。