上海の中学校で、科学の楽しさを伝える 「日立理科教室」を開催(日立建機(上海))

ESG

9月24日、日立建機(上海)は、日立ハイテクノロジーズ(上海)国際貿易と協働で「日立理科教室」を開催し、上海華二初級中学校の252名の一年生を対象に、特別な科学の授業を行いました。この取り組みは、生徒たちが身近な科学に触れて知識を増やし、視野を広げることで、未知の世界への好奇心を育むことを目的としています。

興味津々に実験をする生徒たち

生徒たちは授業で、ものを3万倍に拡大できる日立電子顕微鏡でミクロの世界を体験したり、日立建機(上海)の社員による、油圧ショベルの作業原理や、最新のハイブリッド動力技術の説明を通して、建設機械についても初めて学びました。

油圧ショベルの説明をする日立建機(上海)の社員

中国では、この活動のほか、日立建機宋崗希望小学校への支援をはじめ、子どもたちの教育機会の創出に努めています。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。