マレーシアの高校でユニバーサルデザイン・ワークショップを開催(日立建機(マレーシア))

ESG

10月22日、日立建機(マレーシア)は日立アジア(マレーシア)と協働で、社会貢献活動の一環として、2校で120人の生徒を対象にユニバーサルデザインのワークショップを開催しました。

日立のボランティアメンバーは生徒たちに、多様化する社会で高齢者・身体障がい者・妊婦・子どもなど誰もが使いやすいデザインや設計「ユニバーサルデザイン」を教えました。

最初に、参加した生徒はユニバーサルデザインの概念と、多様化する社会におけるデザインの大切さを学びました。次に、ワークショップにてユニバーサルデザインを取り入れた製品を考案し、アイデアを発表し合いました。

生徒はユニバーサルデザインを理解し、自分たちで製品デザインを考案できるようになりました。日立のボランティアは、より多くの学校を対象にこのプログラムを広げていく予定です。

考案したデザインを持って記念写真

よいプレゼンができました!

ユニバーサルデザインを説明する日立のボランティアメンバー

ワークショップでデザインを考案

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。