幼稚園で環境出前授業を実施(日立建機(中国))

ESG

12月6日、日立建機(中国)は会社の近隣にある郷村花園幼稚園で、園児約80人を対象に、環境保護についての出前授業を行いました。

日立建機(中国)のボランティアスタッフは、地球の環境や、会社が行う環境保護活動について説明をした上で、安徽省合肥市のゴミ管理条例に合わせたゴミの分別方法についても分かりやすく説明し、園児たちがクイズやゲームを通して楽しく学べる工夫をしました。ゴミ分別ゲームで園児たちは、チームで積極的に競い合いながら、分別を覚えました。
参加した園児からは「環境を守っていきます!」という心強い言葉があるなど、幼い園児たちにも環境意識が芽生えたことを感じさせる大変有意義な活動でした。

日立建機(中国)は、今後も企業としての社会的責任を果たすため、社外の関係者と交流し、協力しながら環境保護活動を広めていきます。

園児たちと先生、日立建機(中国)のボランティア全員で記念撮影

 

ゴミ分別ゲーム。みんな積極的に分別の仕方を学びました

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。