かすみがうらマラソン大会実行委員会より記念トロフィーを受領しました

2020年8月26日

日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、2020年8月25日、かすみがうらマラソンの大会実行委員会長を務める安藤真理子土浦市長より、2006年から続けている特別協賛ならびに大会運営への協力に対して、記念トロフィーを贈呈されました。

安藤真理子大会実行委員会長(左)より記念トロフィーを受け取る玉根敦司サステナビリティ推進本部長(右)

かすみがうらマラソンは、茨城県の雄大な霞ヶ浦湖畔を舞台に、“環境と福祉を考えるマラソン大会”として日本全国からランナーが集まる人気の大会です。マラソンコースとなる茨城県土浦市とかすみがうら市には、日立建機のマザー工場である土浦工場と霞ヶ浦工場が所在しており、日立建機は地域社会への貢献の一環として、2006年から大会への特別協賛を続けています。また、ランナーへの給水や会場内の運営補助、弱視や盲人ランナーのお手伝いボランティアなど、参加ランナーをはじめ、沿道で応援するすべての皆さまに楽しんでいただけるよう、社員が一体となって大会を盛り上げる取り組みを行っています。

これからも、より地元の方々に愛される“身近で頼りになるパートナー”をめざして、環境との調和、スポーツや文化活動など、広く社会との共生を図り、グループ一丸となって地域社会への貢献を継続してまいります。

※開催30回目の記念となる予定であった「かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン2020」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、残念ながら中止となりました。

多くのランナーが走る土浦工場前のマラソンコース(2019年大会)

給水ボランティアの様子(2019年大会)

以上

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。