滋賀県立大学の環境経営学講座へ出講(日立建機ティエラ)

ESG

2020年11月25日、日立建機ティエラは、一般社団法人 滋賀グリーン活動ネットワーク(SGN)が斡旋する「会員講師派遣事業」として、滋賀県立大学の「環境経営学」の講義にて、自社の環境への取り組みを紹介しました。

「環境と健康増進のコラボレーション活動」と題し、健康増進にもつながるエコ通勤活動を紹介したほか、滋賀県という立地条件の中での外来魚駆除活動や魚のゆりかご水田への参画イベントが自然との共生というSDGsの解決にもつながっていることを説明しました。
また、バリューチェーン全体でのCO₂の削減を進めるために、バッテリー駆動式ミニショベルなどの製品を開発していること、使うエネルギーにおいてもグリーンエネルギーへのシフトが社会の課題となってきていることも紹介しました。
聴講した学生からは、「SDGsや環境への取り組みが興味深かった」「共感を覚えた」などの声があり、社会課題への意識の向上とともに、企業の取り組みを知ってもらう機会となりました。

※SGNでは、グリーン購入(環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入すること)の普及啓発と会員の活躍の場の創出という2つの目的で「会員講師派遣事業」を行っており、その一環としてのイベントです。
(一社)滋賀グリーン活動ネットワークの活動レポート(2020.11.25の活動)

日立建機ティエラの環境活動
須原魚のゆりかご水田「いきもの観察会」での環境教育
滋賀県「環境美化の日」の清掃活動

日立建機ティエラ講師による講義の様子

日立建機ティエラ講師による講義の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。