日立建機クレー射撃部 中山由起枝選手 競技活動終了のお知らせ

2022年3月24日

このたび、日立建機クレー射撃部の中山由起枝選手は、2022年3月末をもって、競技活動を終了することといたしましたので、お知らせいたします。具体的には、国際大会出場などの第一線での競技活動を終了しますが、これまでの子育てとアスリートを両立してきた経験を生かし、今後もさまざまな発信を続けていきます。

中山選手は、1997年の日立建機クレー射撃部創部以来、シドニーオリンピック、北京オリンピック、ロンドンオリンピック、リオデジャネイロオリンピック、東京オリンピックと5度のオリンピック出場や、数々の国際大会での優勝など、好成績をおさめ、長年クレー射撃界のトップ選手として活躍してまいりました。また当社の工場開放イベントの「日立建機フェスティバル」などのイベント出演や講演活動を通じて応援してくださる皆さまとの交流を深めてまいりました。

これまで中山選手および日立建機クレー射撃部の活動にご注目、多大なご声援を賜りました皆さまには、心より感謝申し上げます。

なお、中山選手は、当社において、これまでの競技経験を生かした人財育成に携わる予定です。また、現在理事をつとめる一般社団法人MAN*の代表理事に2022年4月より就任予定です。今後も中山選手の活動にご注目ください。

中山選手コメント

このたび、国際大会等をめざす競技者として、現役生活に終止符を打つことにいたしました。長きにわたり応援し、支えてくだり誠にありがとうございました。これまで、ママアスリートの一人として取り上げていただく機会も多く、現代社会の問題や背景に直面していた競技者でもあったと思います。多くの方に支援を賜り育てていただきました。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。全くの0からスタートした日立建機クレー射撃部の活動でしたが、振り返ってみれば「夏季オリンピック5回出場」を成し遂げることができました。

今後は、これまでの競技経験を生かし女性の抱えるさまざまな問題へも着目しながら、人財育成の場や社会に私の持つすべてを還元していきたいと思っています。引き続きあたたかく見守りください。またどこかでお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

日立建機クレー射撃部 中山由起枝

*:女性アスリートのサポート組織として、2014年度より文部科学省(現在はスポーツ庁)の受託事業「Mama Athletes Network(MAN)」として活動後、2020年3月に、子どもを持つアスリートのサポートを通じて健全な社会の実現をめざし、より活発な活動遂行のため一般社団法人化された団体。

関連リンク

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。