浦幌小学校で「日立建機エコスクール出前授業」を開催

ESG

2022年3月18日、日立建機は当社の浦幌試験場がある北海道十勝郡の浦幌小学校において、「日立建機エコスクール出前授業」を開催しました。

この授業は小学6 年生の理科の授業の一環で、「生き物と環境」という学習テーマについて、浦幌町で見ることができる生き物とそれらをとりまく人間との歴史、 農業との関わりについて紹介し、地域の自然環境の価値と課題について学習するものです。

浦幌試験場の生物多様性調査を行うアークコーポレーション株式会社と浦幌町周辺の自然や歴史を調査・研究する浦幌町立博物館とともに、教室での授業と野外学習の2つのプログラムを実施し、児童32名が参加しました。

教室授業では、日立建機の浦幌試験場所長が日立建機の環境に関する取り組みと浦幌試験場の紹介をし、アークコーポレーションと浦幌町立博物館からは浦幌の野鳥と植物などについて、それぞれ講演いただきました。

野外学習では双眼鏡と望遠鏡を使って野鳥観察を行い、オジロワシ、オオワシ、タンチョウなど貴重な鳥をみることができました。

児童たちに、自分たちが住んでいる町が自然に恵まれ珍しい植物や生き物が生息していることを知ってもらい、生き物と自然環境について考えるきっかけをつくることができました。


教室での授業


双眼鏡と望遠鏡で野鳥観察

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。