日立建機

Global

購買取引行動指針

本指針は、当社業務運営に必要な材料・製品・サービス・情報を外部より調達するにあたり、購買部門の各人が遵守すべき行動の基準を示すものである。

  1. 購買取引においては「日立建機企業行動規準」を全ての行動の基本とする。
  2. 購買取引先と良きパートナーシップを築き、以下の事項に留意し、長期的観点より相互理解と信頼関係の維持向上に努める。
    1. すべての購買取引先に公平に対応し、特定の取引先を有利に、あるいは不利に扱ってはならない。
    2. 購買取引先との公正な取引関係を尊重し、正常な商慣習に照らして不当な行為により、取引先に不利益を課してはならない。
    3. 購買取引において知り得た購買取引先の営業秘密は厳格に管理し、機密の保持に努める。
  3. 広く世界に目を向け、最適な購買取引先を開拓し、競争の維持に努める。特に以下の事項に留意する。
    1. 新規に取引を希望する企業等の申し入れに対しては誠実に対応し、進んで取引品目等に関する情報を開示する。
    2. 継続する購買取引においては、購買取引先の適格性を定期的に見直し、他の取引先とのより有利な取引の可能性について検討する。
  4. 購買取引先の選定は、資材の品質・信頼性・納期・価格、および取引先の経営の安定性・技術開発力等に加え、公正で透明性の高い情報開示、法令およ び社会的規範の遵守、人権の尊重、雇用と職業に関する不当な差別の撤廃、児童労働および強制労働の排除、環境保全活動、社会貢献活動、働き易い職場作り、 ビジネスパートナーとの社会的責任意識の共有等の社会的責任を果たしているかを十分に評価した上で、以下に定める事項を遵守し、所定の手続きを適正に行う ものとする。
    1. 明らかに購入する意志のない見積り要請は行なわない。
    2. 社内手続きにおいて、購入仕様、契約条件、および受領(検査)を決定する権限と責任者は、それぞれの要求元部門・購買部門・検査部門に属する。
    3. 購買取引先との契約は、購買部門が当社を代表して行う。
  5. 購買部門に属する者は、購買取引先及び見込み取引先との個人的な利益関係を持ってはならない。
    1. 購買取引先及び見込取引先から謝礼等いかなる個人的利益も得てはならない。また社会的常識の範囲を超えた接待や贈り物を受けてはならない。
    2. 購買取引先及び見込取引先に対して寄附等を強要してはならない。

以上
(11年1月13日改定)