特集

Vol.126(2018年12月号)

【油圧×電子制御】秘めた可能性を引き出す技術融合で油圧システムはこう進化する

日立建機の油圧ショベルは、磨き上げられてきた油圧技術に電子制御が加わることで、よりスムーズな動きと高い生産性を実現してきた。

今後は情報化施工のニーズやIoT技術の進展を受けて電子化がさらに進むが、それに伴い油圧システムの進化は新たなフェーズに向かう。日立建機では、こうした状況を踏まえ、2018年4月に油圧技術部門と電子技術部門を統合し、「パワー・情報制御プラットフォーム事業部」を発足させた。

油圧機器開発を担当してきた石川広二と電子制御を担当してきた渡辺豊に、油圧システムの“これまで”と“これから”について聞いた。

「圧力を上げる」技術向上に効率改善の「電子化」をプラス

―― 国産初の「UH03」を開発してから、油圧システムに求められる機能や性能が変わってきたと思います。どのように変わってきましたか?

パワー・情報制御プラットフォーム事業部 油圧機器設計部 部長 石川 広二
  • 川 広二
  • パワー・情報制御プラットフォーム事業部
  • 油圧機器設計部 部長
パワー・情報制御プラットフォーム事業部 副事業部長 渡辺 豊
  • 辺 豊
  • パワー・情報制御プラットフォーム事業部 副事業部長

石川歴史を振り返ると1990年代までは、機械のパワーを上げるためにどんどん圧力を上げ、初期に比べると2倍くらいになっています。油圧は高圧にすれば力が出ますし、高圧にすると機器を小さくして同等の力を出せます。しかし、機械を構成している油圧機器の耐久性とのバランスを考える必要があり、高圧力化はある程度成熟しました。

90年代になると効率改善や操作性向上のために電子化も進みました。オペレータがより思い通りに動かせるように、電磁弁などを導入して、エンジンの回転数やポンプの流量など細かい制御を実現しています。とくにEX200-2では、電子制御化によってフロントの3つのアクチェータ(バケットシリンダ・アームシリンダ・ブームシリンダ)、旋回、走行などを同時に動かせるようにして複合操作性を向上させました。

渡辺それ以降は排ガス規制の対策が大きなトレンドになりました。大きなエンジンを積めばそれだけ仕事ができるのですが、排出ガスがたくさん出ます。そこでエンジンを小さくして、より効率的に作業が行えるよう電子制御化が進みました。ハイブリッド仕様が出てきたのもこの頃です。

最近は、情報化施工での電子制御化も進んでいます。これまでは機械単体の話でしたが、これからは施工情報の処理システムや、他のダンプトラックやホイールローダなどの連動など、施工プロセス全体を通して、いかに生産性を上げていくかに変わっていきます。

―― ということは、今後は電子制御が肝になるのですか?

渡辺油圧ショベルのような建設機械は、どうしてもパワーが必要になってくるので、その“力”の源は油圧である必要があります。ただ、さまざまなパターンに応じて圧油の流量や方向を変えるというのは、油圧機器だけでは対応できなくなってきます。

一方、電子制御の良さは、条件に応じて指示を出すことで、油圧を容易にコントロールできる「柔軟性」です。油圧の部品を換えるよりコントローラのソフトを書き換える方が遥かに容易です。いわば、油圧に“味付け”をしていく役割です。これまでもオペレータの意図した通りに複合動作をし、オペレータの操作感覚に合う操作性を実現してきました。これからは、よりお客さまの作業のバリエーションに対応するために、油圧機器で対応するか、電子制御を活用するか、そのバランスが肝になってきます。

石川油圧にこうした制御を加えていくことができるのも、ベースとなる油圧機器の信頼性があるからです。日立建機は油圧ショベルを開発して以来、パワーや操作性、燃費低減といった課題に、油圧で解決し、対応しようと積極的に自社研究を進めてきました。たとえば、コントロールバルブの油圧回路設計は自社開発ですし、オペレータの操作に対してシリンダの動きを決めるコントロールバルブ内のスプールと呼ばれる油の方向と流量を決める部品においては、特別に部品の試作を繰り返して、実際に試乗して、一番操作性が良いものを選んでいます。そこがまさに、油圧の難しさであり、ノウハウなのです。

これだけこだわり抜いてきた油圧技術ですが、オペレータの指示通りの動作ができるよう、より制御しやすいよう、まだまだ改善していきます。

―― 日立建機の「操作性」の裏付けが、油圧と電子制御の融合にあったのですね。油圧機器はこれから、より複雑になってくるのでしょうか。

渡辺逆にシンプルになっていくと考えています。油圧の特性は直線的にして、電子化で曲線的な動きを加えることで微妙な動きをすることもできます。同時に、シンプルゆえに電子的に指令を出した時にその指令に応じて油圧回路の応答性を速くするなど別の課題も出てきます。

石川そうですね。ある程度機器を共通化して、ソフトでバリエーションを変えていくことができます。もともと油圧機器は高い耐久性が求められる精密機械です。表には出にくいですが、コントロールバルブ内の各種弁などをはじめ、ほかにも1分間に約2,000回転で回る油圧ポンプ内で 摺動 ( しゅうどう ) するピストンなども、高効率、油漏れをさせない、焼きつかせないといった特性を備えるため、ミクロン単位の加工精度を追求して仕上げられているのです。油圧機器の信頼性や高効率で操作性の良い油圧回路が日立建機の強みであり、そのベースがあるから制御しやすい素直な機械をつくりだせているのだと思っています。

Column(タップして読む)

【EX200-1】

【EX200-1】

【EX200-1】

1987年に発売。日立建機の中型油圧ショベルで初めてコントローラを搭載し、電子化の先駆けとなったモデル。エンジン回転数とポンプの容量を同時に電子制御する電磁弁を初採用し、大作業量と低燃費の両立を実現した。(特許:特1805791)また、操作レバーからコントロールバルブへの信号を油圧パイロット化して操作性を大幅向上。

Column(タップして読む)

【ZX200X-6】

【ZX200X-6】

【ZX200X-6】

i-ConstructionはじめICT施工に対応した最新型ICT油圧ショベル。3ポンプ3バルブの最新油圧システムTRIASU(トライアス ツー)」システムを搭載。2017年、公益社団法人発明協会が主催する平成29年度関東地方発明表彰「特許庁長官賞」を受賞したこのシステムは、3つのポンプのそれぞれに電磁弁を追加し、各部位に応じた油量の調整をすることで、オペレータのレバー操作に応じてポンプの流量を細やかに制御することを可能にし、高い操作性を実現している。

油圧システムはこの先に向かってどんな課題を克服していくのか

―― 油圧システムはまだまだ進化していきますか?

石川もちろんです。燃費低減、操作性の向上は永遠のテーマですし、建設土木向けの標準機だけではなく、解体仕様や林業機械などアタッチメントなどを変えることでより多くの作業に使える“多能機”であることが油圧ショベル最大の特性ですが、多様なアタッチメントに対応するための技術開発や改良は常に続けていく必要があります。

機械の自動化に対応した油圧システムへの進化も必要です。オペレータの指示通りに動くことに加え、コントローラからの指示で精度良く制御できるようにするための改良を進めていきます。

―― 「パワー・情報制御プラットフォーム(PIC)事業部」は、そういった課題を解決していくために誕生したのですか?

渡辺はい。今の時代はどんどん課題が増えており、単純に「油圧技術」「電子制御技術」の2つだけではできることが限られてしまいます。油圧と電子制御のいいとこ取りを融合することが重要になりますが、それは同時に選択肢も増えることになり、目標と手段を最初の段階でしっかり設定して共有する必要があります。部署が統合したことで、コミュニケーションが増えてこうした目標設定や課題克服もスピーディに進められる体制が整いました。結果、より迅速な開発が可能になります。

―― 日立建機の油圧システムの今後の進化を教えて下さい。

石川日立建機の油圧ショベルは燃費、操作性などに優れています。その燃費、操作性を決めている油圧システムのなかでもコントロールバルブが難しい部分ですが、日立建機はそこを長年自社開発し、モデルチェンジごとに改良してきました。油圧システムにはオペレータの感性にあった動きなど、数字に出てこない成熟した難しさがあります。今後も日立建機の強みである油圧技術に電子制御を加えて、安全で生産性の高い製品をお客さまに届けられるように、地道な研究開発を続けて、油圧システムを磨き、進化させていくつもりです。

渡辺信頼性のある、磨き上げてきた日立建機の油圧機器に、電気制御側からアプローチすることで作業の幅が広がります。バリエーションに応じた機械をご提案していきたいですね。また、ハイブリッド油圧ショベル開発の頃から日立グループとの「技術」におけるコラボレーションが増え、情報化施工になってからは「人」の交流もかなりの数になっています。電子制御は日立グループの強みとするところなので、そのノウハウを活かしながら、お客さまのご要望に応じたソリューションを提供していきたいと思います。