World Wide TopicsVol.126(2018年12月号)

World Wide Topics

Germany Germany
欧州の「電動化」市場動向に向け、事業拡大を図る新会社をドイツに設立 欧州の「電動化」市場動向に向け、事業拡大を図る新会社をドイツに設立

環境規制が世界的に最も厳しい市場の1つである欧州では、自動車同様、建設機械においても電動化に対するニーズが強い。日立建機では、こうした市場動向に対応するべく、欧州地域における日立建機の代理店であるKiesel GmbH社のグループ会社「KTEG社」と、建設機械の電動化および、お客さまの仕様に対応した応用開発製品の開発を行う新会社を設立(=EAC European Application Center GmbH社/ドイツ連邦共和国ヘッセン州)した。

KTEG社:
KTEG Kiesel Technologie Entwicklung GmbH社

新会社設立により、応用開発製品や電動化への対応を加速させる。

KTEG社は、欧州市場において電動化の規制動向や商品化に豊富なノウハウを持つほか、日立建機の油圧ショベルをベースにした大型解体仕様機など、標準モデルでは対応できないお客さまの多様なニーズに応える開発力が高い。一方、日立建機は環境負荷とライフサイクルコスト低減に貢献する電動化製品の開発に早くから取り組んできた。なかでも、工場建屋内で稼働する有線電動式の中・小型油圧ショベルは国内市場を中心に100台以上の納入実績があり、そのほか鉱山で稼働する超大型油圧ショベルの電動化や、バッテリ駆動式油圧ショベルなども開発してきた。

今般の新会社設立により、信頼性の高い現行機械の油圧コンポーネントを活用しながら、日立建機の電動化技術とKTEG社の技術的なノウハウが融合されることで、より幅広いお客さまの要望に応えられる体制を構築。事業拡大を図っていくとともに、電動化に向けたさらなるノウハウ蓄積が可能となる。