データで見る日立建機

DATA

データで見る日立建機

日立建機とはどのような会社なのか。企業を見る切り口・視点はさまざまですが、ここでは客観的な数字・データで日立建機をご覧ください。

世界での評価

情報通信端末
搭載機
30万台

24時間365

2000年、業界初となる油圧ショベルへの情報通信端末の搭載以来、全世界に点在するお客さまの機械の状態を常に見守り続け、世界中のお客さまより好評を得ています。

販売サービス

ConSite契約台数前年比157%増

ConSite契約台数
129,000

お客さまの機械を見守るパートナーとして、最新のICT技術を活用した「ConSite」をグローバルに提供し、お客さまの毎日のビジネスをサポートします。

(2018年度末実績)
部品・サービス売上収益1,749億円

部品・サービス売上収益
(ソリューションビジネスを含む)
3,012億円

H-E Parts社とBradken社を日立建機グループに加え、部品の製造販売やサービスを強化し、お客さまの課題解決に役立つソリューションを拡大していきます。

(2018年度末実績)
海外売上収益比率70%

海外売上高収益比率
80%

国や地域ごとに異なるニーズを的確に捉え、多様な性能・品質要求に応える信頼性の高い建設機械を提供しています。

(2018年度末実績)

海外

海外出張1,673件

海外出張
2,400

出張に行く理由はさまざまですが、若手の頃から海外出張を行い、世界中のお客さまのサポートをしています。その中で日本では経験できない経験を積むことができます。

(2018年度末実績)
海外勤務者194名

海外駐在者
185

現在多くの従業員が世界各国の拠点に駐在しています。優秀な先輩従業員が日々海外のお客さまのビジネス拡大のために尽力しています。

(2018年度末実績)

会社情報

社会貢献関連費用321百万円

社会貢献関連費用
187百万円

2006年度に策定した「日立建機グループ社会貢献方針」のもと、人道支援、環境保全、地域共生に貢献するための活動を続けます。

(2018年度末実績)
従業員数連結21,193名 単独4,315名

従業員数
連結24,591
単独4,341

(2019年3月末時点)
平均年齢36.9歳

平均年齢
40.4

30代半ばの従業員を中心に、専門性に長けたミドル・シニア層の社員も20代から30代前半の若い従業員も活躍しています。Kenkijinとして同じ目標に向かって仕事に取り組んでいます。

(2019年3月末時点)
  1. トップページ
  2. データで見る日立建機