輸出管理

輸出管理に対する方針

日立建機グループは、「日立建機グループ行動規範(2. 誠実で公正な事業活動 2.1 適正な取引)」において、輸出入を行う際には、関連法令を遵守する旨を定め、輸出管理により国際的な平和および安全の維持に広く貢献することをめざしています。

日立建機グループ行動規範

輸出管理体制

輸出管理法令を遵守するため、日立建機は執行役社長直属の「輸出管理本部」とその下に「輸出管理部」を設置し、その主導のもと各輸出管理項目について管理・監督を実施しています。併せて、輸出に携わる国内外グル-プ会社に対する教育・指導も行っています。

輸出管理に関する従業員教育

日立建機では、輸出管理本部事務局によって本社・工場在勤者を対象とした輸出管理に関する研修を実施しているほか、中途採用者を含む新入社員、新任主任が対象となる一般の階層別研修の中でも、輸出管理に関する教育項目を盛り込んでいます。

また、グループ会社においても輸出管理本部事務局による同等の従業員教育を実施しています。

2019年度は、階層別研修およびグループ会社を対象とした研修も実施し、さらに工場在勤者を対象に輸出輸出管理教育初級講座を計13回行いました。営業部門向け輸出管理実務者教育を全5回開催し、また外部講師を招いた該非判定中級講座を計22回と、該非判定実務者とIT部門を中心に、実務者に対応した教育講座を実施しています。
海外のグループ会社に対しては、輸出管理委員事務局の担当者向けの個別の教育を行い、日立製作所の海外グループ会社主催教育と連携して実務教育の充実を行っています。

2020年度は、輸出管理教育初級講座および該非判定講座を引き続き実施し、各研修も継続実施します。また営業部門への教育を充実させ、社内および国内外グループ会社に対して各種eラーニング用教材を提供していきます。

輸出管理に対する監査の実施

日立建機では、本社・工場在勤部署を対象に、原則として年1回、輸出管理本部事務局が監査を実施しています。国内外グループ会社に対しては、監査室が行う業務監査の対象に輸出管理に関する項目を含め、必要に応じ同行をして監査をしています。

また国内外各グループ会社の輸出管理事務局による自己監査を国内会社、海外会社でそれぞれ実施し、結果については輸出管理本部事務局がフィードバックを行っています。

2019年度は国内グループ会社に対し昨年の監査結果に対する改善状況確認を継続的に行い、海外グループ会社2社で輸出管理に関する監査を実施しました。また国内外各グループ会社に自己監査の実施を依頼し、確認をしています。

2020年度以降は、監査室と協力し輸出管理本部事務局が中心となって国内外グループ会社に対し計画的・継続的な監査を実施していくことで、輸出における適正な取引を実践していきます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。