企業理念

写真:企業理念

日立建機グループは、「Kenkijinスピリット」を原動力に、「企業理念」の実現に向けた新たな価値の創造に取り組んでいます。

Identity

私達は、「機械」を進化させ、豊かな生活空間をつくる「ひと」と「作業」の関係をより快適に、より高度に、より効率的なものにします。

これは、日立建機グループの社会における存在意義、アイデンティティーを示したものです。人間社会が存在するかぎり、環境を守り、社会資本を充実し、生活空間を豊かにする活動は続きます。今後の建設機械は、土木・建築の枠を超えて幅広く発展していくと予想されます。

私たちKenkijinは「テクノロジー」や「システム」を進化させ、「ひと」が行う「作業」がより快適に、より高度に、より効率的になるよう力を尽くすことによって、お客様のお役にたち、ご満足いただくことを仕事の誇りとし、喜びにしたいと考えています。

Innovation

私達は、お客様に新しい価値をもたらす、独創的な技術・商品・サービスを継続的に開発し、提供します。

これは、日立建機グループの事業への取り組み姿勢について示したものです。メーカーの使命は、お客様に「新しい価値」をもたらすものでなければならないと考えます。この「新しい価値」を創造するためには、単に市場情報に基づく製品・サービスの改良・改善といったやりかたでは、その本質に迫ることはできません。試行錯誤をくりかえしつつも、真にお客様が求める、現場のニーズに根ざした「新しい価値」を探求していく粘り強い努力が必要です。そのために、私たちは、企業活動のすべてにおいて、常に独創性の発揮に努めます。

CSR(Corporate Social Responsibility)

私達は、安定的に利益を維持し、環境との調和、社会貢献、文化活動など広く社会との共生をはかり、良識ある企業市民として行動します。

これは、企業としての日立建機グループの社会責任についての姿勢を示したものです。企業も社会の一市民ですが、企業は利益を出さなければ生きていけません。また、同時に社会のお役に立ち、社会に認めてもらえなければ存立の基盤が失われます。お客様のみならず株主、業界、協力企業、地域住民、その他社会のすべてに対し、常に良識と誠意をもって接し、共生してこそ「日立建機グループ」は未来にわたって発展を続けることができると考えています。

「Kenkijin スピリット」 とは

経営理念を追求していくには、コンプライアンスやCSRなどの社会的要請に応えつつ、日立建機グループの中長期ビジョン・中期経営計画を達成していくことが重要です。そしてその原動力となるのが、グループ従業員一人ひとりの行動です。その行動が共通の価値基準・行動規範に裏付けされたものであれば、一人ひとりの創意工夫を活かしながら目的は追求できます。「Kenkijinスピリット」は、日立建機グループ従業員=Kenkijinとしての心構えとして、この価値基準・行動規範を明文化したものです。