リスクマネジメント

リスクに対する考え方

企業活動を営んでいると、自然事故や事故災害、法令違反などのリスクに直面する可能性があります。日立建機グループではこの認識から、コンプライアンス・リスク管理本部が中心となってリスクに対処しています。平時からリスクの洗い出しを行い、未然防止やリスク発生時の影響の極小化に努めるなど、対策を行っています。

コンプライアンス・リスク管理体制

リスクの定義と分類について

日立建機グループでは、リスクを以下の7種類の項目に分類し、日立建機グループの事業、従業員およびその家族、ならびに日立建機グループの関係者が被るあらゆる損失(人的・物的・経済的被害、信用失墜、法令違反、倫理違反)の発生未然防止、発生時の被害拡大防止に努めています。

  • 災害事故(地震・台風等の天変地異、火災・爆発、紛争、テロなど)
  • 地域社会(環境問題、近隣からのクレームなど)
  • 企業活動(法令・規制抵触、製品事故、反社会的行為・取引など)
  • 法務(インサイダー情報規制違反、独禁法違反、外為法違反、不正輸出など)
  • 財務・経理(不良債権、貸し倒れ、金銭事故など)
  • 情報(機密の漏洩、コンピュータ障害など)
  • 社員(労働災害、職業病、差別問題、不祥事など)

リスクへの対策

日立建機グループでは、コンプライアンス・リスク管理本部が定める手順に従って、リスクへの対策を行っています。

  1.  私たちは、リスクが発生した場合、初期対応を迅速に行います。また、リスクレベルの見極めを迅速に行うとともに、リスクの内容により周知徹底すべき範囲の判断も行います。
  2.  私たちは、従業員および関係者に対して、リスクをリスクとして認識する感性の醸成、コンプライアンスに対する意識浸透、リスクや不祥事の未然防止、リスク発生時の対応などについて日頃より啓発活動を行います。
  3.  私たちはリスクが発生した場合、あるいはその恐れがある場合、どんな小さなリスクであっても、上長・総務担当部課長へ迅速に連絡・報告する習慣付けを行います。
  4.  私たちは、常日頃よりリスクポテンシャルをチェックし、個々に予防策を講じます。
  5.  私たちは、常日頃から地域社会(警察署、労働基準監督署、消防署、職業安定所、地域住民など)との良好な関係の維持に努めます。

グローバル・リスクマネジメントの強化

日立建機グループでは、グローバル企業として成長していくために、グループ全体でリスクマネジメント体制を強化していくことを推進しています。

世界中のあらゆる場所で自然災害などのリスクに遭遇した場合でも、事業活動への影響を最小限に留めた上で可能な限り早期に復旧できるよう、「事業継続計画(BCP)構築」と「事業継続マネジメント(BCM)の強化」に向けた取り組みを推進し、サプライチェーンの維持に努めています。

2015 年度より、あらゆるリスクを未然に防止するとともに、発生時の影響度を最小限にするための取り組み(リスクの極小化)を行っています。洗い出ししたリスクごとの影響度と発生頻度を想定し、優先度を決めてリスクに対する対策を実施しています。

2017 年度には、大規模地震などの災害発生時に、時間を問わずに従業員およびその家族の安否を確認できる「安否確認システム」を国内グループ会社に導入し、以後、定期的に災害が発生したことを想定した、安否応答訓練を実施しています。

また、近年増加している気候変動による自然災害に伴い、国内においては2019年度より、「危機情報管理システム」を導入しました。災害、事件・事故、インフラ障害等の情報を一元管理することで、従業員の安全確保ならびに事業への影響低減に努めています。海外についても外務省、専門業者からの情報を収集するなど、日々の安全管理に努めています。

今後もグループ全体で危機管理意識を高めていくとともに、管理体制の強化に取り組んでいきます。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。