サステナビリティ推進体制

日立建機グループは、「CSRの目的」、「CSRの取り組み手法」、そして、企業の社会的責任のグローバルスタンダードであるISO26000をベースにした「CSRの取り組み主題」を策定し、2015年度よりその取り組みをスタートさせました。日立建機グループのCSR活動は、日々の業務の中にPDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルを組み込むことにより推進しています。

2019年4月には、旧環境本部と旧CSR推進部を統合し、社長直轄の組織として「サステナビリティ推進本部」を発足させました。新たに設置したサステナビリティ推進本部を中心とした体制を構築することにより、グループ全体の環境、社会およびガバナンスを統合的に管理・推進し、適切な情報開示を行っています。年2 回開催されるサステナビリティ推進委員会では、社長をはじめとする執行役からなるメンバー構成で、気候変動への対応などを含めた経営判断に関わるESG関連の審議・承認を行っています。

サステナビリティ推進体制

CSRの目的

日立建機グループは、基本理念および企業ビジョンを踏まえ、(1)社会課題の解決に貢献、(2)ガバナンス、(3)コミュニケーションに留意して、グローバル社会の期待を理解し、経営に反映させ、持続可能な社会の実現をめざします。

CSRの取り組み手法

  1. 社会的責任を認識
  2. 活動の優先順位を決める
  3. 情報開示とステークホルダーとの対応を通じて活動の確認と改善

CSRの取り組み主題

  1. 社会的責任の認識
  2. 組織統治
  3. 人権
  4. 労働慣行
  5. 環境
  6. 公正な事業慣行
  7. お客様のために(消費者課題)
  8. コミュニティへの参画およびコミュニティの発展
  9. CSR活動の確認と改善
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。