公正な事業慣行

公正な競争・取引

日立建機グループは、「資材調達基本方針」と「購買取引行動指針」を策定し、調達・購買の基本的な考え方を公開しています。また公正な取引の徹底に向けて、取引状況の監査と社員に対する遵法教育に力を入れています。

サプライヤーとの対話

日立建機グループの生産活動は、様々なお取引先(サプライヤー)によって支えられています。サプライヤーの皆様と良好な関係を築き、ビジョンやポリシーを共有することで、 責任ある企業の輪を広げる取り組みを推進しています。

知的財産保護

知的財産とは、発明や創作によって生み出されたものを、発明者の財産として一定の期間保護する権利です。日立建機グループでは、事業における知的財産活動を重視し、他者の知的財産権の権利侵害を未然に防止するよう努めています。

輸出管理

高性能な工業製品は日本企業の強みですが、それを輸出する際、企業の意図しないところで軍事転用される恐れがあります。日立建機グループでは、関連法令の遵守と適切な輸出管理により、国際的な平和および安全の維持に広く貢献することをめざします。