労働慣行

ダイバーシティの推進

真のグローバルカンパニーとして成長を遂げるためには、多様な価値観や考え方を持つ人財がその意欲と能力を最大限に発揮し、活躍することのできる企業風土を整備することが重要です。この認識のもと日立建機グループは、ダイバーシティを推進しています。

雇用の安定

多様な人財を確保し、その能力を最大限に活用していくためには、安定的な雇用の確保が必要です。日立建機グループでは、中・長期的な事業計画のもと、人財の安定確保、長期雇用に向けたさまざまな取り組みを推進しています。

公正な評価・処遇

従業員の意欲を高め、能力を最大限に引き出すためには、透明性・信頼性の高い評価システムの構築が必要です。日立建機グループでは、各自の能力に応じたふさわしい仕事に従事できるよう配慮するとともに、その成果に対する評価・処遇を行います。

人財育成

日立建機グループの事業は、2020年、2030年に向けて、さらにグローバル化が進んでいく見通しです。国内外でグローバルに事業を推進していく人財を育てるため、仕事を通じて、またあらゆる教育機会を通じて、「ひと」を育てていきます。

労働安全衛生

労働災害、健康障害から労働者を守ることは、事業者にとって大きな責務です。日立建機グループでは、「安全と健康を守ることを全てに優先させる」との基本理念のもと、事業者と従業員が一体となって、さまざまな安全衛生活動を推進しています。

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。