自然の中で環境を学ぶ、第5回浦幌エコスクールを開催

8月4日、北海道の日立建機浦幌試験場にて、浦幌町教育委員会・浦幌町地域子ども会育成連絡協議会主催「少年リーダー養成講習会」の一環として「日立建機エコスクール」を開催し、浦幌町内の小学生が参加しました。

環境学習では、地球環境が抱える課題や、油圧ショベルの役割と環境配慮についての講義を行いました。その後、野外で実際の油圧ショベルの見学と体験試乗・操作を、補助員の指導の下で行い、子どもたちは機械の役割や迫力を体感していました。

また、試験場の自然の中での環境学習として、調整池の周りの水生昆虫観察を行いました。最後に食育として、食材と地球環境についての話を聞きながら昼食を取りました。

油圧ショベルの仕事や自分たちを取り巻く環境について、試験場の豊かな自然を通した環境教育を行うことで、いつも以上に浦幌の魅力を知り、地球環境に関心が深まったのではないでしょうか。

1609-12油圧ショベルの役割と環境配慮についての講義

1609-13大型ショベルの説明、バケットの大きさにびっくり!

1609-14
池の中でめずらしい生きものを発見

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。