「環境週間ひがしね2016」に出展(日立建機カミーノ)

11月20日から27日までの1週間、日立建機カミーノは山形県東根市の「環境週間ひがしね2016」に出展しました。

日立建機カミーノは毎年、自社の電力、廃棄物やVOCの削減などの取り組みをパネルで紹介し、各種イベントを回るスタンプラリーの景品を提供しています。今年は、さまざまな環境への取り組みを行う自社工場で製造している、道路機械の実機も展示しました。

建設現場で地面を押し固めるために使われるコンバインドローラは、国土交通省の超低騒音型建設機械の基準値および排出ガス対策型建設機械(3次基準)規制値をクリアし、燃費は従来機比約11%の低減を実現しています。試乗には400人近い子どもたちが参加、たくさんの近隣住民の方とふれあい、子どもたちのうれしそうな笑顔を見ることができたのは大変喜ばしいことでした。

地元企業としての環境活動を知ってもらい、地域住民の方とのコミュニケーションを深める取り組みとして、今後も継続していきます。

※VOC:Volatile Organic Compounds(揮発性有機化合物)

 

「環境週間ひがしね2016」のチラシ

1612-11j人気コーナーとなった実機展示

1612-12j環境パネルの展示

1612-13j道路機械に試乗する子どもたち

1612-14j

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。