2017 オータムフェスティバルと健康経営の取り組み(日立建機ティエラ)

9月23日、日立建機ティエラオータムフェスティバルを盛大に開催しました。

近隣住民の方には自治会を通してパンフレットを配布し、来場者は1,500名を超えるにぎわいとなりました。

会場ではアトラクションとして、大道芸人「丸ちぇろ」によるジャグリング、子どもたちに人気のバルーンショー、女性チーム「くみこ社中」による和太鼓と、滋賀県出身の芸人がフェスティバルを盛り上げました。健康増進コーナーでは、日立健康保険組合との協働で、歯科チェックと「目かたでポン」(1日に必要な350gの野菜の量を当てるイベント)を開催しました。

また環境への取り組みとして、廃食油の回収も行い、協力いただいた方には「環境ボールペン」などをプレゼントしました。来場者に配布した豪華景品が当たる抽選番号付きのうちわでは、日立の環境ビジョンと日立建機ティエラのCSR・環境活動を紹介しました。

日立建機ティエラはこの夏「健康企業宣言」を行い、経済産業省の「健康経営優良法人認定」取得に向けて動き出しました。いろいろなイベントに健康増進の取り組みを加え、従業員の健康と安全を第一にした会社をめざします。

けんぽれん 東京連合会 「健康企業宣言」と「健康優良企業認定制度」について

入口看板前はミニショベル搭乗記念撮影コーナー

バルーンおじさんからプレゼントがいっぱい

日立健康保険組合と協働イベントも開催

環境啓発うちわ。新しい日立の環境ビジョンを紹介

大道芸人「丸ちぇろ」と皿回しに挑戦する子どもたち

女性チーム「くみこ社中」の和太鼓

近隣住民の方からたくさんの廃食油が集まりました

健康企業宣言の証

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。