インドの緑化活動に参加(Bradken社)

植林活動に参加したコインバトール工場の従業員

Bradken社のコインバトール工場では、インドのタミル・ナードゥ州における都市部の生物多様性の維持と緑化を促進するため、インドのNGO「Nizhal」の支援を受けて植林活動に参画しています。

Bradken社の従業員約50名のチームは2018年9月に、鋳造工場近くのチェッティパラヤン池のエリアに120本の苗木を植えました。その後12月に入って、この活動を再度行いました。近くの学校や病院にも広げるため、さらに80本の苗木も寄贈しました。

これらの苗木が成長することによって、この地域の空気と水質が改善され、二酸化炭素の排出量を減らすのに役立ちます。

この活動は、四半期ごとに継続していく予定です。

苗木への水やり

 

活動の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。