第21回 個人株主様工場視察会を開催

2019年10月2日、茨城県の土浦工場で第21回 個人株主様工場視察会を開催しました。当日は全国各地より約70名の株主様にご参加いただきました。

初めに、執行役専務 開発・生産統括本部 田淵道文より当社の事業と今後の成長戦略についてお話させていただきました。

次に、株主様を当社の主力製品である油圧ショベルの製造現場へご案内し、組立・溶接等の現場をご覧いただきました。

また、若手技術者達の発案により開発された「四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシン」の作業実演や、機械遺産として認定されている1965(昭和40)年に開発した純国産技術による油圧ショベル第一号「UH03」とハイブリッドショベル「ZH120」の展示機をご覧いただきました。

さらに、当社のICT ・IoTソリューションをご体感いただける「ソリューションプラザ」において、油圧ショベルやダンプトラックの操作をシミュレーターやバーチャルリアリティー機器などを通じてご体験いただきました。

視察後は質疑応答の場を設け、代表執行役執行役社長兼CEO 平野耕太郎も同席し、株主様より工場に関するご質問や、経営戦略・技術開発等について貴重なご意見を賜りました。

今後も、株主様との対話の場、製品・製造現場へのご理解を深めていただく場として、工場視察会を実施してまいります。

社長平野ら経営幹部による質疑応答

純国産技術による油圧ショベル第一号「UH03」の見学

「四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシン」の作業実演

ICT建機 油圧ショベルシミュレーターの体験

ハイブリッドショベル「ZH120」

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。