コミュニティの健康支援 -母子の健康支援と献血-(日立建機インドネシア)

日立建機インドネシア(HCMI)は、国民の健康への意識を高める目的で、2012年から乳幼児と母親のための保健サービス所である「ポシアンドゥ」とともに、活動を行っています。また、活動を通じて、地域コミュニティとの緊密な関係を図っています。
この活動では、新生児の体重測定、乳幼児の発育と母親の健康診断、予防接種を行います。また、HCMIは毎月、補助食品とミルクを提供しています。
2019年11月の活動では、歯と口腔の健康や、BPJS / KISカード(インドネシア政府の健康保険)の無料作成などのカウンセリングを行いました。 また、地域のクリニックから派遣された助産師は、歯磨きや口腔ケアの指導をしました。
11月と12月の活動で、合計224人の乳幼児と母親が参加しました。この活動を通じて、乳幼児や出生時の死亡率を減らすことに貢献できます。

11月11、13、18日には、赤十字が行う献血にHCMIの従業員139人が協力しました。
HCMIは、人道支援として人を助ける思いやりと自発的な気持ちをもち、この活動を2008年から続けています。

HCMIは、社会に貢献するため、これらの活動を継続して近隣住民を支援していきます。

ビタミンAをサポートするタブレットをお口へ

 

献血の様子

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。