甲賀市エコフェスタ&学びの体験広場に初参加(日立建機ティエラ)

12月14日(土)、日立建機ティエラは甲賀市環境部と教育委員会の共催によるエコフェスタに初めて参加しました。

ボランティアを含め20名のスタッフ陣とともにティエラ、日立建機ロジテック(HKL)と産業廃棄物業者との協働でショベルによる魚釣りゲームと木屑破砕体験乗車を企画し、ショベルに乗車したちびっ子には“ミニショベル子ども免許証”を発行しました。小さな女の子が乗車のときにはHKLの女性運転手が同乗して、木パレットの破砕を体験してもらいました。

また資源リサイクル工程の学習用チラシを作成し、破砕された木のパレットが処分業者に運ばれてチップ等に加工され、その後燃料として再利用されている事を紹介しました。 このイベントを通じて甲賀市で生まれたミニショベルが世界中で活躍していることをPRできました。もしかしたら10年後にはショベルに乗った記憶を持つ子がひとりの“Kenkijin”となっているかもしれません。

01

木のパレットをクラッシュ!

ミニショベル子ども免許証

03

配布されたチラシ1

配布されたチラシ2

配布されたチラシ3

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。