第3回浦幌エコスクールを開催

7月29日、日立建機浦幌試験場にて第3回日立建機エコスクールを開催しました。このエコスクールは、浦幌町教育委員会・浦幌町地域子ども会育成連絡協議会主催「少年リーダー養成講習会」の一環として行われ、町内小中学生8名が参加しました。

環境授業ではスライドやパネルで地球環境と十勝・浦幌の自然について、また試験場の沢に生息するアメマスに触れながらサケ科の特徴や生態について学びました。体験学習ではショベルとダンプへ試乗と、穴掘り体験を通して働く機械の仕事と環境との関係を体感しました。さらに場内にある調整池ではそれぞれがタモ網で4~5種類の水生昆虫を捕まえ、名前や種類、生態についての説明を聞きました。

最後は十勝郷土料理研究会で食育研究家でもある村田氏から「お米と糠」についての話を聞きながら昼食を取り、半日の予定を終了しました。

このエコスクールは私たちの生活と環境との関わりを考える良い機会であり、今後も環境教育を通し地域貢献・啓発活動を行っていきます。

01

池での水生昆虫採集

アメマスに触れながら魚について勉強

自分たちの手で穴掘り。時間も力も必要です!

食についてのお話を聞きながら昼食

ダンプトラックへ試乗。大きい、高い!

事務所棟前にて

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。