ステークホルダーエンゲージメント

事業活動を円滑に推進するためには、ステークホルダーの皆さまとの良好な信頼関係づくりが必要不可欠です。 日立建機グループでは、事業活動に伴う影響を的確に捉え、双方向のコミュニケーションを通じてグループが一丸となったCSR活動を推進していきます。

お客様との対話

安全、安心で価値のある製品・サービスを提供し、お客様のご満足を追求

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
各販売店へのお問い合わせ 随時 製品サービスへのタイムリーな対応
顧客満足度調査の実施 年1回 メールを活用した満足度調査の実施、約900件(日立建機日本)
ICTデモサイトの活用 随時 茨城に加え、香川にも設置(2018年4月)。2017年度は約1,400名が来場
CSVテーマ2 社会基盤を支える現場力の強化

販売代理店との対話

パートナーとしての信頼関係を構築

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
製品サービス情報の提供 定期 Hi-TEP(HCM Technical Education Program)の実施(技術研修センタ)
2015年より累計で1,255名が受講
人財育成支援 定期 MSSP(Marketing Sales Support Program)教育の実施(シンガポール)

サプライヤーとの対話

パートナーとしての信頼関係を構築

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
調達説明会 年2回 調達方針および「日立グループ サプライチェーンCSR調達ガイドライン」の遵守
「ときわ会」「筑峰会」 定期 相互安全巡視の実施、若手教育の推進

株主・投資家との対話

タイムリーな情報開示と積極的なコミュニケーションによる信頼関係の構築

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
株主総会 年1回 グローバルガバナンスの強化
基盤テーマ5 ガバナンス
決算説明会 年2回 コーポレートガバナンス報告書の更新(2018年6月)
投資家向け説明会(海外を含む) 随時 事業報告会(Solution Linkage説明会、ConSite説明会)
投資家向け工場見学会 年2回 約130名の個人投資家が来場し、経営幹部との対話を実施

地域社会との対話

地域社会の一員として、社会問題の解決に取り組む

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
日立建機フェスティバル 年1回 地域の住民、約6,000名が来場(土浦工場)
地域ごとの社会貢献活動 随時 地域ごとの社会貢献活動を、WebサイトでCSR活動ニュースとして発信

NPO/NGOとの対話

対話を重視し、共に社会問題の解決に取り組む

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
認定NPO法人豊かな大地への支援 随時 農業訓練21村 6,867名、道路建設51.1km、学校建設4校(2007年度より累計)

行政・業界団体との対話

法令の遵守、適切な納税を通じ健全な関係を保つ

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
日本建設機械工業会(CEMA) 随時 CEMA会長企業として法令遵守の推進

従業員との対話

働きがいのある企業としての責任

主なエンゲージメントの機会 頻度 2017年度の成果および実績
従業員意識調査の実施 年1回 9,138名より回答。職場における強み・弱みを把握し改善を図る
経営幹部による国内外拠点へのキャラバン 随時 従業員が直接経営幹部と対話し、職場の改善を図る
労働組合との対話 定期 課題の改善と取り組みの推進、労働協約の見直しなど

主な会員資格

日立建機グループは、業界団体などに参画し、さまざまな活動を行っています。

団体名
建設業労働災害防止協会
建設荷役車両安全技術協会
建設無人化施工協会
春光懇話会
日本機械学会
日本建設機械工業会
日本建設機械施工協会
日本建設機械レンタル協会
日本産業車両協会
日本フルードパワー工業会

※50音順にて表記

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。