品質管理

品質管理についての考え方と体制

日立建機グループは創業以来、日立製作所の「落穂拾いの精神」を軸にした顧客第一主義の品質保証体制の構築に努めています。

1995年9月にISO9001の認証を取得し、土浦工場の品質方針と品質マネジメントシステムを確立しました。また、日立建機グループの品質保証を推進する統括組織として品質保証本部を設置し、マザー工場である土浦工場の品質保証センタが、グループ各社の品質保証部門に対して実質的な情報共有、指導、啓発を行いグループ全体の品質保証体制の強化を図ってきました。

2016年4月には「グローバル品質保証推進グループ」を発足させ、海外グループ各社における品質保証業務の標準化に向けての支援体制を一層強化しました。

品質保証本部が、国内外すべてのグループ会社の品質保証業務を統括することで、グループ全体の品質レベルの標準化・向上に取り組み、世界同一品質「Made by Hitachi」の実現をめざしています。

お客様からのご意見、ご要望や、営業・サービス現場からの声、製品に関する不具合情報などは、各グループ会社の品質保証部門を通して品質保証本部に集約されます。これらの情報は、月に一度、社長臨席で開催される製品改善会議に報告され、内在する原因を追究した上で、再発防止対策を検討・立案し、全製品に水平展開しています。

ミレーの絵画「落穂拾い」になぞらえ、発生した事故や不具合をひとつ、ひとつ拾って、失敗から得られる教訓を学び再発防止の徹底を図る考え方。

品質管理に関する従業員教育

世界各地のグループ会社における品質保証レベルの均一化を図ることを目的に、さまざまな従業員教育を実施しています。

「品質管理講座(初級・中級)」、「信頼性工学講座」、「PS/PL講座」といった品質管理に関する一般的な知識を身に付ける教育講座をはじめ、海外グループ会社から研修生を受け入れ、土浦工場の品質管理業務を学ぶ「グローバル品証技術者育成プログラム」、また、土浦工場から診断員が各グループ会社へ赴き、各社の品質管理体制を診断する「グローバルモノづくり診断」、熟練技術者が自らの失敗経験を伝える「かたり部講座」といった、モノづくりにおける日立建機の精神や企業姿勢を受け継いでいくための教育も行っています。

写真:品質管理教育(中国)
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。