ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインについての基本方針

日立建機グループでは、当社の建設機械を操作するオペレータの安全性確保の視点から、誰もが扱いやすいユニバーサルデザイン(以下UDと表記)に取り組んでいます。

建機の利用シーンを想定し、安全性を最優先として誤操作防止、操作性の向上、快適性の確保などさまざまな側面からUD視点の配慮を取り入れています。
UD製品の開発にあたっては、ISO(2867、6678等)を参考に開発試験基準を策定。必要な要求項目をチェックシートで確認できるようにしています。

ユニバーサルデザイン製品の開発

ユニバーサルデザインは、ISO(2867、6678)等の国際基準を満たすことを前提に、当社の製品すべてに反映されています。建設機械は使用者が不特定多数ではなく特定のプロであることから、ユーザの使用感を重視していることが特徴です。そのため、製品ごとにユーザニーズ調査を実施して具体的な要望を把握し、UDに反映させています。新たに開発したUD製品は、自社基準の評価とともにユーザによる評価を経てから上市されています。