CO2を減らす

日立建機は(社)日本建設機械工業会(以下、「建機工」)の正会員として建機工が提唱する 建設機械業界の「低炭素社会実行計画」を達成するため、技術製造委員会の省エネ技術部会および製造省エネ対策部会に参加して、気候変動に関する施策提案・意見交換を行っています。また建機工の「低炭素社会実行計画」の方針に従い、気候変動対策に取り組んでいます。

当社は地球温暖化の原因となるCO2を気候変動への緩和と適応の両方で取り組みを進めています。気候変動への緩和の取り組みとして製品ライフサイクル全体での削減に努めています。気候変動への適応の取り組みについては「環境CSVの方針」で謳っています。

環境CSV2030長期目標の達成に向けて太陽光発電の導入、省エネ設備の投資、省エネ活動の推進などの施策を展開してきましたが、省エネ設備投資を更に後押しするために、2019年度から投資判断で炭素価格を考慮するインターナルカーボンプライシング制度を導入しています。

環境に配慮した製品

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。