化学物質を管理する

日立建機グループでは、製品と生産活動の両方から有害な化学物質の使用禁止、削減を推進しています。削減が困難な化学物質については大気や水域、土壌などへの排出抑制と汚染防止に努めています。また、これらの有害廃棄物の排出抑制に向け、電着塗装、ハイソリッド塗料などVOCの少ない塗料への転換(プロセス改善)やロボット化による塗装効率改善を推進することでVOC大気排出割合を減らしています。

製品中の化学物質については排ガス規制、欧州REACH規則等に対応しており、厳しい排出基準をクリアした製品を世界中に提供しています。油圧ショベル、ホイールローダなどの製品では、日本のオフロード法2014年基準の他、欧州(Stage IV)、北米(Interim Tier 4 Final)クリアした機種を提供しており、SOx(硫黄酸化物)やNOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)の排出量を大幅に抑制しています。これらの機種には新たに開発した新世代エンジンを搭載し、クリーンで低燃費、耐久性、信頼性に優れた建設機械を提供しています。

環境に配慮した製品

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。