環境CSVへの取り組み

日立建機グループは持続可能な社会をめざし環境価値創造に取り組んでいます。

日立建機グループでは、「低炭素社会」「高度循環社会」「自然共生社会」を3本柱とする環境ビジョンを達成するために環境CSV戦略を策定しています。

この環境CSVは日立建機の事業・製品・ソリューションを通して社会課題解決に取り組むものです。2030までの長期目標は「日立環境イノベーション2050」に沿って構築されています。日立建機ではこの長期目標を中期計画および単年度の環境行動計画に落とし込み8つのカテゴリーと30個以上のKPIを策定し環境保全活動を推進しています。

環境CSVの方針

低炭素・循環型社会及び気候変動に強い社会の実現に向け、「環境に配慮したインフラ」を構築するための取り組みが世界中で広がっています。
私たちはステークホルダーと共に、「卓越した環境技術を備えた建設機械とシステム」と「環境課題解決の視点を持った開拓力」で世界中のインフラ整備の低炭素・資源循環を追求し、また気候変動による災害に適応できるインフラに貢献していきます。

私たちの3つの環境価値創造に向けた取り組み

1. つくる:

-サプライヤーの皆様と共に環境負荷を低減する高効率なサプライチェーンを実現すること

2. つかう:

– お客様と共に建設機械・システムの使用段階の効率をあげていくこと

-環境に貢献するインフラ・ビジネスのプロセスを高度化していくこと

3. 挑む:

-世界中の人々と共に新たな領域・地域の環境配慮型のインフラづくりに挑戦していくこと

これらの取り組みは、
「豊かな大地、豊かな街を未来へ・・・」をめざす日立建機の長期的な企業価値創造へとつながっています。

環境CSVの概要

csv_img01

環境CSVへのアプローチ

csv_img02

私たちKenkijinは「つくる」「つかう」「挑む」の3つの分野で、私たちのめざす社会に関わる全ての人々と「事業価値×環境価値」を最大化する価値創造の取り組みを行っています。

「つくる」ではサプライヤーも含めた環境コストを下げる活動を、「つかう」では製品や事業の環境価値向上による収益拡大を、「挑む」ではグローバルな環境課題解決での事業機会の拡大を目指しています。
事業価値と環境価値の拡大に向けた取り組みは、グループの長期的な安定的利益の確保につながっています。

環境CSVに関連する製品・サービスの一部は、中期経営計画 「CONNECT TOGETHER 2019」 などの中で目標設定を伴った形で管理・推進しています。
今後さらに環境CSV全体の体系的な戦略を策定していきます。

日立建機グループの製品と環境価値

日立建機グループでは低炭素・循環型社会の実現をめざし3つの製品テーマで、製品とソリューションの両面から、事業を通じた環境価値創造に取り組んでいきます。

csv_img03

  • 解体リサイクル
  • 部品再生
  • マイニング運行管理
  • ICT技術(ConSite)
  • 環境適合製品の一例
  • 土質改良機
  • 藻類バイオ燃料の推進
  • カーボン・オフセットの推進
  • 低炭素機械(ハイブリッドショベル)
  • 低炭素機械(電動建機)
  • 低炭素機械(バッテリショベル)
  • 低炭素機械(ACダンプ)
  • 林業機械
  • 情報化施工機
  • 無人化・ロボット化建機(レベルマスター)
  • 無人化・ロボット化建機(アスタコ)

環境リスクと機会の特定

環境リスクと機会の特定に関する方針

日立建機グループでは従来から行ってきた環境リスクの分析に加え、「気候変動」と「水」に起因する不確実性を重大な経営課題と位置づけ、「気候変動」と「水」のリスク最小化と当社の事業機会の最大化を目指したCSV戦略を策定しています。
リスクと機会は「規制」[物理的影響」「その他」について検討を行っており発生頻度、発生時期、影響レベルを定量的に分析しマテリアリティを決定しています。

 

1.気候変動リスクと機会

 規制によるリスクと機会
世界では大気汚染に関する規制や炭素税などの規制が導入されてきており、製品や工場での事業活動に影響を及ぼしています。一方で製品の省エネ性能、排ガスのクリーン化を推進することは製品競争力や事業機会に繋がると考えています。各国で取り入れられ始めている規制や税制が日立建機の製品、生産などの事業活動のリスクや機会になると考えています。

 物理的影響によるリスクと機会
近年多発していきている異常気象は地球温暖化の影響と言われています。大型台風や川の氾濫などにより工場での生産活動、部品や製品の運搬などバリューチェーンへの影響も出ています。このような異常気象での影響は、事業継続でのリスクになると考えています。
一方で各国ではアダプテーションを推進し始めています。日立建機グループが今まで取り組んできた防災、減災技術や製品、ソリューションはアダプテーションでの貢献が可能であり、日立建機グループにとっては新たな事業機会となると考えています。

 その他のリスクと機会
製品や工場の気候変動対策だけではなく社会貢献活動など幅広い環境活動がステークホルダーの評価につながります。そのため活動内容を適切に公開すること、継続していくことが求められています。
日立建機グループで行っている「Consite」は製品の稼働状況をリアルタイムに収集しお客様に環境情報を含めたレポートを配信するITソリューションであり、このような顧客サービスは、新たな事業機会となっていると考えています。

2. 水関連によるリスクと機会

 水関連によるリスクと機会への取り組み
日立建機グループでは水資源の不足は気候変動と同等の重大な環境課題と認識しています。水資源の浪費や汚染は自社の生産活動だけでなく地域社会にも重大な危機をあたえることとなります。日立建機グループは生産工場単位でWRI Aqueduct Water Risk Atlas Toolによる取水リスクの分析を行ないその地域での水の重要性を十分理解した活動を行ってきました。
水リスクとしては生産拠点のある地域の取水と排水と捉えています。取水量は原単位で管理し、また排水では自主基準値を設け、場内処理を徹底することで対応を行ってきました。

一方世界では水不足や洪水などへのインフラ整備が求められてきています。日立建機では水へのアクセス、森林保全なども含めたインフラ整備へ製品・ソリューションを通した貢献を行うことが事業機会の拡大につながると考えています。

CSVの長期目標

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。