長期計画

CSVの長期目標

日立建機グループでは「つくる」「つかう」「挑む」の3つの分野で、私たちのめざす社会に関わる全ての人々と「事業価値×環境価値」を最大化する価値創造の取り組みを行っており、環境CSV全体の体系的な戦略を策定しています。

製品では省エネ、CO2削減に寄与できるハイブリッド、電動などの先進技術を駆使し、製品エネルギー効率の最適化に向けて環境配慮製品へと切り替えていきます。

2030 CSV GOAL

2019年3月末時点

CSVの長期目標 2010年 2020年 2030年 進捗率
製品によるCO2抑制率 基準年 19% 33% 56%
製品の燃費低減目標 2010年 2020年 2030年 進捗率
ショベル 基準年 30% 35% 63%
ホイールローダ― 30% 40% 32%
ハイブリッドショベル 45% 50% 80%
生産での原単位目標 2005年 2020年 2030年 進捗率
エネルギー原単位改善率 基準年 20% 40% 79%
廃棄物原単位改善率 25% 40% 86%
水原単位改善率 42% 50% 95%

* GHGエミッション(Greenhouse Gas Emission):温室効果ガス、当社では主にCO2が該当
** LCC (Life Cycle Cost):ライフサイクルコスト

温室効果ガス(GHG: Greenhouse Gas)の排出削減目標がSBT認定を取得

2019年5月、当社が設定した温室効果ガスの排出削減に関する長期目標は、Science Based Targetsイニシアティブ(SBTi)※から、科学的根拠に基づく目標として認定を取得しました。
パリ協定「2℃目標」に貢献できる本目標の達成に向け、日立建機グループは更なる省エネ、低炭素化を加速していきます。

日立建機グループのSBT
Scope1+2:2030年度までに温室効果ガス排出量を45%削減(2010年度基準)
Scope3:2030年度までに温室効果ガス排出量を33%削減(2010年度基準)

※ CDP(機関投資家を代表して気候変動関連の情報開示を推進している調査会社)、国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)によって2014年9月に設立

SCIENCE BASED TARGETS

長期計画「環境CSV」

「環境CSV」では、日立建機グループとして製品使用時のCO2排出量を350万トン抑制することを目標としてきました。この目標は、効率向上などにより各製品のCO2排出量を抑制し、2025年度には基準年(2005年度)の製品に比べ、製品使用時のCO2排出抑制貢献量を年間350万トン*にすることを意味します。 そのために、負荷を低減した環境配慮製品の比率を高め、グローバル市場においてパートナーと連携して事業機会を拡大してきました。

各年度のCO2排出抑制量は下記機種を対象に、基準機種からの燃費改善・電動化・ハイブリッド化によるCO2抑制量を総合的に考慮し、算出しています。2018年度は、製品使用時のCO2排出量を355万トン抑制に貢献しました。2025年長期目標に対しての進捗率は101.4%であり、目標を達成しました。

CO2排出量推定対象:5機種

製品によるCO2排出抑制量

省エネ製品による稼働時のCO2抑制量
当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。