回収・廃棄

日立建機グループは、資源の循環的な利用をめざし、製品リサイクルの技術開発や使用済み製品のリユース・リサイクルを推進しています。

使用済み製品のリユース・リサイクル

部品再生事業

建設機械は過酷な現場で作業する機会が多く、部品交換や修理は必要不可欠です。日立建機は1998年より建設機械サービス部品の再生事業に着手しました。機械修理時に発生した交換部品を回収し、再生工場にて新品同等まで機能修復を行います。そして相応の品質保証をしたうえで、お客様にリーズナブルな価格で提供しています。これは建設機械のランニングコストを抑えたいというお客様のニーズに応え、同時に資源の有効活用、地球環境保全に貢献しようというものです。 この事業はグローバル展開しており、現在は日本、中国、インド、インドネシア、オーストラリア、オランダ、ザンビア、カナダ、アメリカの9カ国で再生事業を展開しています。

使用済み製品・ 部品の
リサイクル
リサイクル数 (個) 回収数 (個) 比率 基準、方法、 前提条件、
その他
再生部品 5,157 5,976 86% 日立建機の実績

2018年度実績

img023 シリンダ再生作業

img033 エンジン再生作業

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。