原材料調達

サプライチェーン全体で環境負荷を低減していくために、日立建機グループでは環境推進活動に積極的な企業から製品やサービスを優先的に調達する方針として、グリーン調達を推進しています。
2018年度の実績からBradken社を含めています。
原材料の過去3年間の総量は、246千t(2016年度)、253千t(2017年度)、318千t(2018年度)です。

分類 内訳 区分 再生
可否
重量
(千t)
材料・原材料割合 調達先
金属 鉄(鋼板含む) 原材料 307.6 96.6% 外部サプライヤー
その他 原材料 0.6 0.2% 外部サプライヤー
非金属 プラスチック(熱硬化性) 原材料 2.4 0.8% 外部サプライヤー
ゴム 原材料 4.1 1.3% 外部サプライヤー
機械油等 関連生産プロセスに使用する資材 2.7 0.8% 外部サプライヤー
その他 原材料 1.0 0.3% 外部サプライヤー

主要製品の生産に使用したリサイクル材料の割合は28.9%になります。

関連情報

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。